国登録有形文化財 旧島袋家住宅高倉

旧島袋家に併設されている高倉は典型的な南洋系の建造物です。高倉は種子・穀物を保存するため、通気性が必要であり、且つネズミなどの穀物対する害獣を寄せつけてはいけないため、さまざまな工夫が施されている建造物です。 

まずは太陽の直射日光が入ってこないよう独自の角度をつけた壁が寄棟式で建てられ、通気性を保つために地面から高く離れた場所に倉をつくり、建物の柱からネズミが入ってこない様に柱が床の内側にくるようにして柱と床の接点が直角にして「ネズミ返し」が施されています。

当時の一般民家には高倉はなく、まさに富の象徴として高倉の存在があったのです。