国登録有形文化財 旧平田家フール

フールは「ワーフール」とも呼ばれ、豚小屋と厠がつながった建造物です。

沖縄に豚が渡来したのは1392年、察度王の時代に閩人三十六姓が琉球に帰化する際に持ち込んだと言われています。

中国に進貢していた琉球では、琉球国王が王位につく際には中国から冊封使が来島して冊封という琉球国王の任命式が行われており、その時は数百人が数ヶ月滞在する間一日に20頭分の豚肉が接待に使用されたといわれています。

このことからも首里王府は仏教を受け入れたものの、食肉文化を排除はしなかったことが伺え、現在の豚肉文化もこの時から脈々と受け継がれているのです。

このフールは明治政府時代に衛生面の向上から使用が禁止されました。

沖縄県の都市で使用が完全に禁止されるのは1917(大正6)年ですので、少なくともそれ以前に建築されたことがうかがえます。