神アシャギ

歴史や背景

神アシャギは沖縄の神信仰の聖地でもあり、村の様々な祭祀・行事を行う際に重要な場所でした。 

建物は、四方壁のない四柱造りの竹茅葺き屋根で、(今ではコンクリート建物に変化しているものもあります。)沖縄国頭地方では軒がごく低く、奄美諸島では軒が高いのが特徴です。 

注目ポイント

また軒が低い構造について「牛・馬や飛鳥類が聖なる神アシャギに入らぬように考慮したもの」や、「かがまないと御神体が見えないことから、自然と腰をおとして神に敬意をはらう」ということも言われています。