野草茶葉

クミスクチン茶 沖縄の3大野草(昔は3大薬草とよばれていました)のひとつクミスクチンはロズマリン酸が豊富なお茶です。
全国テレビのダイエット特集で取り上げられ一時的なブームは終わりましたが、今でも根強いファンは多く利用されています。
ゴーヤ茶 苦い瓜と書いてゴーヤーと呼ぶほど苦く、沖縄の人でもキライな人が多いけれど人気の食材です。
ビタミンが豊富なため夏バテ予防の代表料理『ゴーヤーチャンプルー』として長く愛されています。
そのゴーヤーを使ったお茶『ゴーヤ茶』は苦さを我慢して飲むうちにクセになってしまう。
ビタミンが豊富で体に良さそう(苦いから?)ゴーヤ茶はそんなお茶です。
グァバ茶 沖縄の民家の庭で植えてある方言名『バンシルー』
古代中国では漢方で使われていたほど良い果実で、糖尿に良いとされ
中国の良い所を何でも取り入れる沖縄でも人気があるグァバです。
その他のお茶 良い所はなんでも取り入れる沖縄の文化
良いところをちゃんぷるー(まぜる)したお茶が琉健茶です。
飲みやすさ(味)にもこだわった38種のブレンド野草茶を一度お試しください。