2016年7月8日

琉球村日記

恩納ナビー

琉球村日記 スタッフからコメント

はいさい!とらじゅです✨
今日はここ、恩納村の偉人であります 琉球三代女優歌人の1人「恩納ナビー」というお方を紹介します!
彼女は1700年代に恩納村で生まれ、自由な発想で様々な思いを素直に琉歌として歌い上げた
琉球を代表する女優歌人です^_^
ある日、琉球国王が恩納村を通りがかる際に、恩納村民たちは歓迎の芸能を開いた。
その時、突然嵐が起こり、恩納ナビーは次の琉歌を歌い上げました。

「波の声も止まれ 風の声も止まれ
                    首里天じゃなし みうんき拝ま」

この琉歌を歌いあげたとたん、嵐がおさまったといわれます。
こうして国王の前で素晴らしい琉歌を披露したナビーは首里の人々たちのうわさになり、
国王も芸能を開いたこの場所を「万人を座するに足る毛」と評して、「万座毛」という名前をつけました!
今でも万座毛では、恩納ナビーが歌い上げた琉歌が歌碑として残されています!

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

カレンダー

  • <<
  • >>
  • 2020/10
sunmontuewedthufrisat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
プロフィール
沖縄県にある観光地: 琉球村 のブログです!!写真は琉球村の住人たち。(一部)他にも水牛のしんちゃん・てっちゃん、旧玉那覇家のヤギ、園内のおばあちゃんなど様々。みんなでめんそ~りよ~。住人はみんな「童名」(わらびなー)という昔の沖縄の風習で付けられた“あだな”があり、その名前でブログ書いてまーす。ちなみにブログ編集長は「かなしー」でーす( 'ω')/

ページの先頭に戻る